読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画の世界

人気漫画からマイナーな漫画まで、様々な漫画のネタバレや考察を掲載していきます。来れ!漫画好き!!

【キングダム】復活した六大将軍に選ばれるのは誰か予想してみた

f:id:saitouchang:20170330151118j:plain

昭王が国を治めていた頃の秦には「六大将軍」がおり、王の命令なく自由に戦争を仕掛けることができるほど強く、そして、昭王から信頼された六人の武将がいました。

この六大将軍が秦の武力の威信の象徴となっていましたが、昭王が亡くなって以降、六大将軍に匹敵する武将が現れずにいました。

ただ、政が秦の王の座につき、「近々六大将軍を復活させる」と口にしていたので、新・六大将軍誕生の日は近いのかもしれません。

新たな六大将軍の候補は何人かいますので、今回新・六大将軍が組まれた際、いったい誰が選ばれることになるのかを予想してみましたー!

スポンサーリンク
 

「まるで六匹の龍が野に放たれたようなもの」と恐れられたかつての六大将軍

かつて昭王が国を治めていた頃、秦国には六大将軍という国王の命令なく自由に戦争を仕掛けることを許可された六人の武将がいました。

この六大将軍の存在こそ、秦の強さの象徴。

他国からは、「まるで六匹の龍が野に放たれたようなもの」として恐れられたそうです。

 

ただ、昭王亡き後は六大将軍にふさわしい人物が現れることなく、今に至るまで六大将軍制度は消えてしまっています。

 

かつての六大将軍メンバー一覧

かつての六大将軍は、

の6人です。

 

王騎

f:id:saitouchang:20170330133945j:plain

出典:festy(フェスティー)

かつての六大将軍の中で作中にも登場した唯一の人物。

武力と知略を兼ね備えており、「秦の怪鳥」と呼ばれ、中華全土から恐れられる存在だった。

同じく六大将軍の摎から想われていたが、摎が戦死してしまったため2人が結ばれることはなかった。

趙との戦の総大将として出陣し、序盤・中盤を有利に進めていたが、最後の最後に李牧の策略にはめられ戦死した。

 

白起

f:id:saitouchang:20170330134608j:plain

出典:https://matome.naver.jp/

趙との戦い長平の戦いで総大将を務め、投降した趙兵40万人を全員生き埋めにしたというエピソードが印象的。

元・趙の三大天廉頗からも「六大将軍の中でも最もやりづらい」と評されるほどの実力で、相手の勢いをかわすような戦いを得意としたらしい。

 

王齕

f:id:saitouchang:20170330135020j:plain

出典:Naverまとめ

「六将一の怪力」と称され、大斧のような武器を扱う。

楚へ侵攻した際、汗明との一騎打ちに破れ徹底したと言っていたが、本当かどうかは微妙なところ。

 

胡傷

f:id:saitouchang:20170330135433j:plain

出典:Naverまとめ

六大将軍の中で唯一の軍師あがりの人物。

武勇を誇る他の5人とは違い、頭だけで六将の一角に上り詰めた軍略の天才。

六大将軍は自由に戦争する権利を与えらていたが、実質は戦略の大半を胡傷が作り、他の5人を裏で操っていたそう。

現在の秦の総司令官である昌平君の軍略の師だった。

 

司馬錯

f:id:saitouchang:20170330140708j:plain

出典:Naverまとめ

ほぼ記述がないためまだ詳細は不明。

 

f:id:saitouchang:20170330140927j:plain

出典:Naverまとめ

昭王の実の娘で、母子ともに暗殺されるのを悟った母親が王騎の屋敷に預けたことで武の道に進むことに。

幼い頃に「城を100個取ったら嫁になる」と王騎と約束をし、そこからは次々と戦果をあげ続け、王騎の側近として活躍するように。

100個間近のところで突如戦場に現れた龐煖に敗れ、王騎への想いは叶わないまま戦死してしまう。

スポンサーリンク

 

新・六大将軍はいったいどうなる?候補となる人物をまとめたみた!

昭王の時代以降、六大将軍の制度は廃止となっていましたが、政が王に就いた今、「六大将軍を復活させる」と口にしていました。

f:id:saitouchang:20170330141538j:plain

出典:感想ズ

 

この展開は熱いですね〜!!

そして、気になるのは新・六大将軍がいったい誰になるのかというところ。

今の秦国の中で次の六大将軍候補となるのはここらへんのキャラかなと思います。

  • 蒙武
  • 王翦
  • 桓騎
  • 楊端和
  • 王賁
  • 蒙恬
  • 羌瘣

 

今の秦の武将の中で六大将軍候補と言えるのはこれらでしょう。

そして、この中からいったい誰が選ばれるのか予想していきたいと思います。

 

新・六大将軍を予想してみた・・結果!! 

まずほぼ確定と言っていいのが蒙武と騰でしょう。

蒙武と騰はすでに大将軍の位を得ているので、六大将軍メンバーで確定でしょう。

 

あとは、総大将を任される王翦と桓騎、山の民の王である楊端和も新・六大将軍に足る器と言えます。

しかし!!

 

おそらくですが、桓騎は六大将軍には選ばれないと思います。

いや、正確に言うと桓騎は作中で戦死する可能性が高いです。

 

確かに実力的には六大将軍級ですが、史実の桓騎は趙侵攻の際、李牧に敗れ、戦死or逃亡(2つの説がある)しています。

おそらくここは史実通りいくと思いますので、桓騎が六大将軍になることはないでしょう。

 

すると、新・六大将軍確定枠が

の4枠で残る枠が2つです。

 

さすがに主人公の信は選ばれると思いますので、残る枠は1つ。

この1枠がかなり悩んだのですが、個人的には蒙恬はないと思っています。

今は武将として活躍していますが、本人ももともとは文官を志望していたことからも後々は文官の道に進んでいくのでは?と予想しています。

なので蒙恬の六大将軍入りはないと思っています。

 

となると、残りの1枠が王賁か羌瘣のどちらかとなるわけですが、僕は王賁が六大将軍になると思っています。

これは正直言ってはっきりした根拠はありません!!

どちらかと言うと王賁かなー?くらいの感覚ww

 

というかキャラ的に王賁を六大将軍にしないと王賁を扱いづらくなるでしょ。

あのプライドの塊をさらに固めたようなキャラの王賁が六大将軍に選ばれなかったとき、どんな反応をするのか見てみたいところはありますが、そうしてしまうと王賁のキャラが成り立たなくなってしまうのでそれはないかなと。

そういった理由から王賁も六大将軍入りするのでは?と思います。

 

魏火龍七師の紫伯を敗ったことで「大将軍になるか?」というところまできているので

実力的にもまあ申し分ないですしね。 

スポンサーリンク