漫画の世界

人気漫画からマイナーな漫画まで、様々な漫画のネタバレや考察を掲載していきます。来れ!漫画好き!!

【ダイヤのA act 2】103話のネタバレで描かれた楊のピッチングがクソかっこいい!!

f:id:saitouchang:20171129160022p:plain

ダイヤのA act 2 103話のネタバレの見所をまとめています。

アメリカチームは日本の野球とのストライクゾーンの違いに苦戦している模様。

楊のピッチングがクソかっこいいです!!

スポンサーリンク

 

ダイヤのA act 2 103話のネタバレの見所

ダイヤのA act 2 103話のネタバレの見所をまとめておきます。

 

VSアメリカ打線

103話のネタバレでは、東京選抜とアメリカチームとの試合が描かれます。

試合はすでに2回表でアメリカチームの攻撃。

先発楊のアウトコースのボールをパワーではじき返します。

f:id:saitouchang:20171129153534j:plain

 

ファールになるも外の球をしっかりはじき返すあたり、アメリカチームのパワーのすごさを感じます。

ちなみにこのコースは日本のストライクゾーンからは外れているとのこと。

アメリカのストライクゾーンと日本のストライクゾーンは異なるそうです。

 

しかし、楊も負けていません。

アウトコースを見せたあとにインコースのストレートで相手のバットをへし折りながら凡打に抑える。

f:id:saitouchang:20171129153928p:plain

 

アメリカチームはインコースのボールに苦戦している様子。

アメリカチームの選手

「くそっ」

アメリカチームの選手

「またインコースにやられたな」

アメリカチームの選手

「どうにも調子が狂う」

「日本の審判はインコースに甘すぎやしないか?」

ダイヤのA act 2 103話のネタバレより引用

スポンサーリンク

 

日本の野球

アメリカチームのピッチャーはC.ウィードという選手。

f:id:saitouchang:20171129154410p:plain

 

巨体から繰り出される迫力ある投球をするものの、東京選抜チームは早くも攻略の糸口が見えている模様。

御幸

「あの巨体を目一杯使って投げてくるからな」

「マウンドが近くに感じるよ」

「ただ変化球の時は腕が緩むから見極めやすいと思う」

「フォームに惑わされないことだな」

白河

「一打席目で球筋は覚えた」

カルロス

「あのだらしないカーブを狙ってもいい」

白河

「決して攻略できないピッチャーじゃないよ」

ダイヤのA act 2 103話のネタバレより引用

 

ただ、まだ攻略することは敵わず、東京選抜チームはあっさり三者凡退。

アメリカチームの攻撃に移る。

 

先頭打者は、8番ロブ・マーリン。

またしてもインコースのボールで三振に抑える。

どうやらアメリカはストライクゾーンが外に広いらしい。

御幸

「アメリカのストライクゾーンは外に広いってよく聞くよな」

「だから外はボールゾーンに投げるくらいでいいかも・・・」

「むしろ攻めるべきはインコース

「日本の球場が舞台で審判も日本人・・・」

「外のボールに誘い出し・・・」

インコースで仕留める」

「わざわざこっちの土俵に上がって戦ってくれてるんだ」

ホームアドバンテージを利用しない手はないだろ?」

ダイヤのA act 2 103話のネタバレより引用

 

次のバッターにはまだ見せていなかったスローカーブを見せる。

f:id:saitouchang:20171129155552p:plain

 

楊の引き出しの多さに迷うアメリカチームのバッター。

アメリカチームの選手

(外に緩い球)

(インハイにファストボール)

(次はどこに?)

(インかアウトか)

ダイヤのA act 2 103話のネタバレより引用

 

最後はインハイのストレートで三振。

f:id:saitouchang:20171129160022p:plain

 

楊のピッチングに凄みが出てきましたね〜!

 

ダイヤのA act 2 103話のネタバレのまとめ

アメリカチームとの試合が進みましたが、楊のピッチングがアメリカチームにかなりハマっている感じがしますね。

ただ、アメリカチームもまだまだこれから上がってくると思います。

この後、どのような展開になるのか非常に楽しみなところですね。

スポンサーリンク