漫画の世界

人気漫画からマイナーな漫画まで、様々な漫画のネタバレや考察を掲載していきます。来れ!漫画好き!!

【ヒロアカ】黒霧の正体は塚内刑事という予想をぶった斬る!!

f:id:saitouchang:20170312013603j:plain

ヒロアカのヴィラン連合軍の一人で死柄木とも近い間柄となっている黒霧。

黒霧の正体はオールマイトと仲が良い塚内刑事なのでは?」という噂がありますが、はたしてどうなのでしょうか?

今回は黒霧の正体について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク
 

ヴィラン連合軍の黒霧

f:id:saitouchang:20170312011743p:plain

出典:僕のヒーローアカデミアまとめ

死柄木とは最初から一緒だったヴィラン連合の主要人物。

穏やかな口調で紳士的な雰囲気のヴィラン

黒霧の目的は一切明かされていないので、なぜ死柄木とともに行動しているのかは不明です。

 

個性は「ワープゲート」で、黒い霧状の部分で指定の場所に自由にワープさせることができます。

このように、ワープゲートをつかって攻撃をそらすことも可能。

f:id:saitouchang:20170312012611p:plain

出典:僕のヒーローアカデミアまとめ

 

霧状の部分への攻撃は無効だが、体を霧状にできるわけではなく、霧状の部分で体を覆うことで物理攻撃を防いでいる。

 

黒霧の正体は塚内刑事!?

そんな黒霧ですが、「その正体はオールマイトと仲が良い塚内刑事なのでは?」という予想があるんです。

f:id:saitouchang:20170312013442j:plain

出典:速攻ヒロアカ! - FC2

 

その根拠としては、

  • 格好が似ている
  • 雄英高校の内通者の存在

 

格好が似ている

黒霧の正体が塚内刑事だと言われる最大の理由がここで、確かに黒霧と塚内刑事の格好はかなり似ています。

特に話題となったのが、塚内のこの格好。

f:id:saitouchang:20170312013603j:plain

出典:僕のヒーローアカデミア ネタバレ感想ブログ

 

そう、塚内刑事のネクタイ&ベルトが黒霧のものとまったく一緒なんです!!

これは作者が伏線として意図的に一緒に描いた可能性は確かにありますね。

 

雄英高校の内通者の存在

今までの展開から雄英高校には内通者がいることはほぼ確定でしょう。

f:id:saitouchang:20170312013913j:plain

出典:僕のヒーローアカデミア ネタバレ感想ブログ 

 

塚内刑事は雄英高校の人間ではありませんが、オールマイトと仲が良いので、ちょくちょく雄英に足を運んでいます。

なので、「実は内通者は塚内刑事でした」という展開はありえなくはありません。

 

このシーンもちょっと怪しさを感じます。

f:id:saitouchang:20170312014210j:plain

出典:http://imgcc.naver.jp/

 

刑事としてヴィラン連合のアジトをオールマイトに伝えたのは当たり前に思えますが、オールマイトをアジトにおびき寄せるため」とも考えられなくもない。

スポンサーリンク

 

しかし!!塚内刑事は黒霧ではないと思う!!

といった具合に、確かに黒霧の正体は塚内刑事と予想するための根拠はあります。

ただ、僕個人としては塚内刑事は黒霧ではないと思っています。

 

まず一つ目の根拠がこちらです。

 

ヴィラン連合のアジトを攻めたときに塚内は建物の外にいた

オールマイトをはじめとしたヒーロー勢がヴィラン連合のアジトを攻めた際、塚内は建物の外にいるのが描かれていました。

f:id:saitouchang:20170312015016j:plain

出典:速攻ヒロアカ! - FC2

 

僕もこれを見るまでは黒霧=塚内はマジなんじゃないか〜と思っていましたが、これが描かれてからは否定派となりましたね。

 

もう一つがこちら。

 

設定前資料でトゥルーマンとして描かれている

f:id:saitouchang:20170312015527j:plain

出典:So-netブログ

これは作者が設定前資料としてTwitterに載せていた画像の一部ですが、塚内は「トゥルーマン」というヒーロー?で描かれていました。

まあ、あくまで設定前資料なので、変更している可能性は全然ありますが、塚内がトゥルーマンとして登場する可能性も今後考えられます。

 

以上から黒霧の正体は塚内ではないと個人的には思っています。

 

ヒロアカは意外と伏線があって楽しい

単純なストーリーに思えてヒロアカにはいろいろ伏線があるので、けっこう楽しめる作品ですよね。

特に、雄英の内通者はずっと前から謎のままなので、明らかにされるのが非常に楽しみなところです。

スポンサーリンク