漫画の世界

人気漫画からマイナーな漫画まで、様々な漫画のネタバレや考察を掲載していきます。来れ!漫画好き!!

【七つの大罪】242話のネタバレでメリオダスが十戒統率者として覚醒!七つの大罪まさかの解散!?

f:id:saitouchang:20171108160658p:plain

七つの大罪242話のネタバレの見所をこちらにまとめておきます。

242話のネタバレでは、十戒統率者のメリオダスが完全に覚醒!!

そして、七つの大罪はまさかの解散に!?

スポンサーリンク

 

七つの大罪242話のネタバレの見所

七つの大罪242話のネタバレの見所をこちらにまとめておきます。

 

メリオダスの発する瘴気が強まる

グロキシニアとドロールのおかげで、七つの大罪はなんとかチャンドラーの魔の手から逃れることに成功。

>> 【七つの大罪】241話のネタバレでグロキシニアとドロールが死亡する展開に!?

 

逃げたはいいものの"絶対強制命令(アブソリュートキャンセル)"に逆らったゴウセルは無事ではない様子。

マーリン

「"絶対強制命令(アブソリュートキャンセル)"に強引に逆らうとは・・・無茶な真似を!!」

「人間なら即死は免れんぞ」

七つの大罪242話のネタバレより引用

f:id:saitouchang:20171108160458p:plain

 

エスカノールも少し調子を崩している様子。

f:id:saitouchang:20171108160354p:plain

 

魔力を消費した負担によるものかと思いきや、キングやディアンヌも少し気分を悪くしている。

f:id:saitouchang:20171108160420p:plain

 

その理由はどうやらメリオダスが発している瘴気によるものだそう。

マーリン

「・・・原因は明らかだ」

メリオダスの発する瘴気・・・」

「負のエネルギーが刻一刻と強まりつつあるせいだ!」

七つの大罪242話のネタバレより引用

f:id:saitouchang:20171108160529p:plain

 

チャンドラーの技を受け、幼児の姿となっていたマーリンは呪言の玉を手に入れ元の姿に戻る。

ディアンヌも小人の姿から人間大の姿に戻っています。

 

十戒統率者のメリオダスが覚醒!!

チャンドラーから逃れ、チャンドラー対策を考えようとする七つの大罪一同。

しかし、そんな暇もなくチャンドラーが七つの大罪一同の元に向かってくる。

f:id:saitouchang:20171108160616p:plain

 

チャンドラーが到着するとそこにいたのは・・・

なんと十戒の統率者として完全に覚醒したメリオダス

f:id:saitouchang:20171108160658p:plain

 

そんなメリオダスにバンが声をかけると・・

メリオダス

「ああ・・・バン何もかも覚えてるさ」

「・・・お前たちはオレの大切な仲間だった」

七つの大罪242話のネタバレより引用

 

バンたちのことを忘れたわけではないようですが、メリオダスはチャンドラーにゼルドリスの元に案内するよう伝える。

どうやらエリザベスも一緒に連れて行く模様。

メリオダス

「エリザベスにはもう時間がねえ・・・」

「だがこの方法ならエリザベスを必ず救える!!」

七つの大罪242話のネタバレより引用

 

ディアンヌが「一緒に力を合わせて救おう」と声をかけるが、

メリオダス

「悪いがもうオレたちに関わるな・・・」

「お前たちを殺したくはねえ・・・」

七つの大罪242話のネタバレより引用

と、突っぱねる。

 

そして、

メリオダス

「〈七つの大罪〉は今日限りでー」

「解散する!!!」

七つの大罪242話のネタバレより引用

 

 

まさかの団長からの七つの大罪の解散宣言!!

これはいったいどうなってしまうのでしょうか!?

スポンサーリンク

 

七つの大罪242話のネタバレでできる考察

こちらに七つの大罪242話のネタバレを読んだ上でできる考察をまとめておきます。

 

エリザベスを救う方法とはいったい!?

最高神と魔神王から呪いをかけられ、昔の記憶を思い出し、両目が覚醒してしまうと死ぬことが確定してしまうエリザベスですが、242話のネタバレでメリオダスは「エリザベスを必ず救う方法がある」と口にしていました。

エリザベスを救う方法がいったいどんな方法なのか気になるところです。

 

七つの大罪242話のネタバレのまとめ

ついに十戒の統率者としてのメリオダスが完全に覚醒しました。

めちゃくちゃかっこいいですが、まさかの七つの大罪解散宣言。

これを受けて七つの大罪メンバーはどう動くのでしょうか??

次回のネタバレが楽しみなところです。

スポンサーリンク