漫画の世界

人気漫画からマイナーな漫画まで、様々な漫画のネタバレや考察を掲載していきます。来れ!漫画好き!!

【進撃の巨人】100話のネタバレでエレンが巨人化し演説を襲撃!ヴィリー・タイバーは死亡!

f:id:saitouchang:20171210212158p:plain

進撃の巨人100話のネタバレの見所をまとめています。

100話のネタバレではエレンが巨人化し、演説中のヴィリーを襲います。

スポンサーリンク

 

進撃の巨人100話のネタバレの見所

進撃の巨人100話のネタバレの見所をまとめておきます。

 

ヴィリーとマガトの密会

進撃の巨人100話のネタバレは、ヴィリーとマガトが馬車の中で密会しているところから始まります。

99話のネタバレは、ヴィリーの演説の途中で終わったので、時間は少し戻っている感じですね。

 

ヴィリーとマガトの会話の要点はこんなところ。

  • ヴィリーとマガトは演説中に襲撃を受けることを事前に知っていた
  • それをあえて利用してマーレの内部の侵入者やエルディアに協力している人をあぶり出そうと考えている
  • 記者たちが集まる演説の場で襲撃を受けることで世界からの協力を求めることも狙っている
  • ヴィリーは死ぬ覚悟
  • マガトはヴィリーの身を案じている

 

ヴィリーが黒幕かなと思っていましたが、そうではなさそうですね。

でも、タイバー家はまだまだ見えていないところがあるので、他に黒幕となりそうなタイバー家が存在するのかもしれません。

戦鎚の巨人の継承者も明らかになっていないですしね。

 

マガトが侵入者の存在に気づく

マガトは怪しい動きがないかヴィリーの演説を遠くから監視しています。

そこに一人の兵士から「兵士が消えた」という報告を受ける。

これはポルコとピークのことです。

 

ポルコとピークは、落とし穴に落とされはしましたが、下にはわらが敷いてあったようで骨折だけで済む。

下には食糧や簡易トイレが用意されていることから、2人を生かしたまま捕らようとしていることがわかります。

また、ピークが「あの兵士 私はどこかで・・・」と言っていたので、2人をハメた兵士がピークが見たことがある人物だということがほぼ確定ですね。

 

エレンが巨人化し襲撃

ヴィリーの演説にシーンが変わります。

ヴィリーは相変わらずパラディ島の脅威を演説で語る。

内容を以下にまとめます。

  • パラディ島の三重の壁は幾千万もの超大型巨人で造られていること
  • エレンが始祖の巨人の力を操ることができ、幾千万もの超大型巨人を操り、大陸を蹂躙することができる危険性があるということ
  • 巨人の力を上回る兵器が出てきてはいるものの、幾千万もの超大型巨人には成す術がないこと

 

ヴィリーの話を聴いて、聴衆は心が奪われている様子。

「パラディ島の悪魔と共に戦ってほしい!!」という言葉を投げると、聴衆からは喚声があがる。

ヴィリーの演説で他の国はマーレに協力しそうな雰囲気が漂います。

 

エレンとライナーの会話に移る。

当初、海の向こう側にあるものすべてが敵に見えたが、実際にマーレに渡ってみると、良いやつもいれば悪いやつもいて、当時のライナーの気持ちがわかったと言うエレン。

なにも知らない子供が大人から「壁の中にいる者は悪魔だ」と教え込まれた環境にいたなら仕方がないと。

 

ただ、ライナーはそれを否定します。

作戦を中止にしようとしたアニとベルトルトを無理やり説得させ、作戦を行ったのは自分が英雄になりたかったからと話す。

壁の中で兄貴面をしていたのも誰かに尊敬されたかったからだと涙を流しながら語ります。

 

そんなライナーを見て優しく声をかけ、ライナーに手を差し出すエレン。

しかし、エレンはこう口にする。

「多分・・・生まれた時からこうなんだ」

「オレは進み続ける」

「敵を駆逐するまで」

 

演説中のヴィリーが宣戦布告を宣言したところで、エレンが巨人化し、ヴィリーを手で潰し殺害する。

ここで100話のネタバレ終了です。

 

エレンのぐう畜っぷりが半端じゃない回でしたww

スポンサーリンク

 

進撃の巨人100話のネタバレでできる考察

こちらに進撃の巨人100話のネタバレでできる考察をまとめておきます。

 

ピークたちをハメた兵士

100話のネタバレで、ピークが「あの兵士 私はどこかで・・・」と口にしていたことから2人をハメた兵士はピークが見たことがあるキャラということがわかります。

つまり、ピークがパラディ島に行ったときに見た誰かということでしょう。

また、ポルコが「ノッポの兵士」と言っていたのもヒントになります。

 

個人的にはこの兵士はアルミンかなと思っています。

アルミンは「ノッポの兵士」とは言えませんが、超大型巨人の力を継承しています。

前の継承者ベルトルトも背が高かったですが、超大型巨人の継承者は背が高くなるのかなーと予想しています。

 

三重の壁の名前の由来がわかる

パラディ島にある三重の壁。

ウォール・マリア、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナという名前ですが、あれは巨人の始祖であるユミルの3人の娘からつけられた名前だそうです。

 

パラディ島勢力への協力者

ヴィリーとマガトの会話からマーレ軍にもパラディ島勢力の協力者がいることがわかりました。

確かに、マーレ内に協力者がいないとエレンはマーレに入れないでしょうからね。

 

マーレ側の協力者ですが、ジークが怪しいと思ってます。

進撃の巨人98話のネタバレで、ジークがファルコとキャッチボールをしていましたが、その後エレンがグローブを持っているシーンが描かれていました。

あれは「ジークとエレンがつながってるよー」というメッセージなのかなと個人的には予想しています。

 

進撃の巨人100話のネタバレのまとめ

いよいよエレンが巨人化し、演説を襲撃する展開となりました。

ヴィリーが死亡してしまいましたが、この後の展開はどうなるのでしょうか??

スポンサーリンク