読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画の世界

人気漫画からマイナーな漫画まで、様々な漫画のネタバレや考察を掲載していきます。来れ!漫画好き!!

【進撃の巨人】地下室の真実が残酷すぎる件ww

f:id:saitouchang:20170413180747j:plain

進撃の巨人の中の謎の一つに「グリシャが残した地下室の真実」というものがありました。

「地下室になにがあるか」は、作品が描かれたときからずっと謎のままでしたが、ついにその秘密が明らかになりました。

これは、これからこの作品を楽しんでいくうえでは理解しておかないといけないことなので、こちらの記事で把握しておいてください。

スポンサーリンク
 

ずっと謎だった地下室の真実

真実の巨人の中で大きな謎の一つだった「地下室の真実」。

初期のほうから地下室の存在は明らかになっていましたが、中にあるものが明かされたのは85話になってからでした。

まあ、地下室に行くこと自体が作中の中でも大きな目標の一つとなっていましたらかね。

 

85話で調査兵団がついにシガンシナ区の閉鎖に成功し、地下室に行く道のりの確保に成功しました。

そして、エレンとミカサが育った家があった場所に。

f:id:saitouchang:20170413175709j:plain

出典:よんぜ!

 

そして、地下室の中へ。

f:id:saitouchang:20170413180020j:plain

出典:進撃の巨人ネタバレまめ巨人

 

これといって特別なものはなそうな部屋ですが、ミカサが鍵穴付きの机を発見する。

f:id:saitouchang:20170413180231p:plain

 

この鍵こそがエレンがグリシャから譲り受けた鍵。

f:id:saitouchang:20170413180640j:plain

出典:festy(フェスティー)

 

「入り口の南京錠の鍵穴と合わない」の件はなかなか笑えました。

f:id:saitouchang:20170413180510j:plain

出典:漫画ネタバレ・考察王

 

机の中に入っていたのは3冊の本。

f:id:saitouchang:20170413180747j:plain

出典:よんぜ!

 

その本をめくると1枚の写真とともにこのような文字が。

グリシャ

「これは絵ではない」

「これは被写体の光の反射を特殊な紙に焼きつけたもの 写真という」

「私は人類が優雅に暮らす壁の外から来た」

「人類は滅んでなどいない」

進撃の巨人85より引用 

f:id:saitouchang:20170413180940j:plain

漫画ネタバレ・考察王

 

そう、グリシャが残した地下室にあったものは、「外の世界には国がある」という事実を伝えるための本。

「地下室に行けばなにかがわかる」と信じていたエレンたちには非常に残酷な真実が待ち受けていました。

スポンサーリンク

 

壁の外の世界

壁の中にいるエレンたちは、「壁の外には巨人しかおらず、人は全滅してしまっている」と信じてきましたが、現実はそうではありませんでした。

進撃の巨人の外の世界に関する情報をこちらにざっとまとめておきます。

 

エレンたちがいる世界はパラディ島という辺境にある島の一つに過ぎない

エレンらが暮らしている場所は、パラディ島という大陸から少し離れた島になります。

f:id:saitouchang:20170413182538p:plain

出典:進撃の巨人ネタバレ最新話考察

 

海を渡るとまだまだ大きな大陸があり、今はマーレが強国として君臨しているようです。

 

今まで人類を脅威にさらしてきたマーレ国

超大型巨人で壁を蹴破り、巨人を侵入させたり、獣の巨人が大量の巨人を引き連れ、襲来してきたのはすべてマーレという大国の陰謀です。

f:id:saitouchang:20170413183404j:plain

出典:Naverまとめ

f:id:saitouchang:20170413183823j:plain

出典:進撃の巨人 ネタバレ考察

 

マーレは、すべての巨人を操ることができる始祖の巨人を壁内から奪うべく、マーレの戦士と呼ばれる知性もちの巨人をつかって度々壁内の人類を襲ってきました。

 

145代目のフリッツ王が三重の壁を築く

  • ウォール・シーナ
  • ウォール・ローゼ
  • ウォール・マリア

 

これら3つの壁ができたのは、始祖の巨人が誕生した頃の話までさかのぼらなければなりません。

 

昔、ユミル・フリッツという女性が、大地の悪魔と契約し、始祖の巨人の力を手にしました。

始祖の巨人の力を得たユミル・フリッツは、自国の発展のためにその力をつかう。

f:id:saitouchang:20170413184736j:plain

出典:漫画オタクの辛口感想ブログ

 

巨人の力のおかげでエルディアという国は発展していきます。

ユミルの死後、始祖の巨人は九つの巨人に分かることに。

これが現在まで継承されている鎧の巨人などの知性もち巨人の正体です。

www.manga-no-sekai.com

 

しかし、九つの巨人の力を手にしたエルディア人は、ユミルのように自国の発展のためだけには力をつかわず、巨人の圧倒的な力で他国を蹂躙していく。

f:id:saitouchang:20170413185349j:plain

出典:Yahoo!ブログ - Yahoo! JAPAN

 

巨人の力で世界の支配者となったエルディアの民。

しかし、マーレ国の内部工作でエルディア国が失墜。

九つの巨人のうち七つをマーレ国に奪われることになります。

 

始祖の巨人を有していたエルディア国は、その力で他国と均衡を保っていたようですが、145代目のフリッツ王のときに戦うことを放棄。

今のパラディ島に逃げ、巨人で三重の壁を築き、今に至るのだそう。

www.manga-no-sekai.com

 

今もなお壁内には大量の大型巨人が存在し、その気になれば幾千万の巨人で大陸を襲撃できる力をもったエルディア人を恐れ、マーレ国はエルディア人を滅ぼそうとしています。

f:id:saitouchang:20170413190323j:plain

出典:LINE Q

 

これがグリシャが地下室に残した本に書かれた真実。

「壁の外は自由だ」と思っていたエレンがこの真実を知ってからのこの言葉は切ないですね。

f:id:saitouchang:20170413190750j:plain

f:id:saitouchang:20170413190811j:plain

出典:漫画オタクの辛口感想ブログ - はてなブログ

スポンサーリンク