読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画の世界

人気漫画からマイナーな漫画まで、様々な漫画のネタバレや考察を掲載していきます。来れ!漫画好き!!

【進撃の巨人】145代目フリッツ王の思想を解説

f:id:saitouchang:20170420110032j:plain

進撃の巨人の話を理解するには、145代目フリッツ王のことはしっかり把握しておきたいところです。

今回、145代目フリッツ王についての情報をこちらにまとめておいたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
 

145代目フリッツ王とは

145代目フリッツ王の情報をこちらにまとめておきます。

 

戦争を放棄したフリッツ王

145代目フリッツ王は、ユミル・フリッツが得た始祖の巨人の力を継承します。

当時、九つの巨人の力をもつフリッツ家同士が争いを繰り広げていましたが、始祖の巨人の力によってなんとか争いの悪化は収まっていました。

 

しかし、145代目のフリッツ王はその役目を放棄。

争いを収める役目を放棄し、エルディア人を連れ、パラディ島という大陸から離れた島に逃亡します。

 

そこで、始祖の巨人の力をつかい、三重の壁を構築。

f:id:saitouchang:20170420103958p:plain

 

これが後のウォール・マリアになります。

www.manga-no-sekai.com

 

人類の記憶を改ざんする

壁内に楽園を築きたかった145代目フリッツ王は、始祖の巨人の力をつかって人類の記憶を改ざん。

壁外にいたときの記憶を消し、「壁外の人類は全滅した」と思い込ませることで、再び戦いに行こうとする者を排除していきます。

 

ただし、アッカーマン一族や東洋の一族にはフリッツ家の記憶操作が効きませんでした。

 

不戦の契りを交わす

さらに、145代目フリッツ王は「不戦の契り」というものを交わします。

始祖の巨人がもつ座標の力をつかうには、「王家の血を引く者が始祖の巨人を継承する」という条件があります。

 

しかし、145代目フリッツ王が不戦の契りを交わしたことで、フリッツ家が始祖の巨人の力を継承すると、145代目フリッツ王の思想に取り憑かれ、自殺に追い込まれるようになってしまいます。

これで実質、始祖の巨人の力をつかうことは誰にもできなくなってしまいます。

www.manga-no-sekai.com

 

これは145代目フリッツ王の「戦争をしたくない」という思想から立てたものでしょう。

始祖の巨人の力をつかうことができれば、次の代の王のときに再び戦いに出られてしまいますからね。

 

レイス家に名を変える

現在の王家の名はフリッツ家ではなく、「レイス家」となっています(ロッド・レイスやヒストリア・レイスなど)。

これは145代目フリッツ王が、レイス家と名を変えたためです。

スポンサーリンク

 

145代目フリッツ王の思想

145代目フリッツ王は、とにかく「壁内に一時の楽園を築きたかった」という思想をもっていました。

それは彼のセリフを見ても明らかでしょう。

145代目フリッツ王

「今後我々に干渉するなら、壁に潜む幾千万の巨人が地上のすべてを平らにならすだろう」

 

145代目フリッツ王

「エルディアが再び世界を焼くというのなら我々は滅ぶべくして滅ぶ、我から「始祖の巨人」を奪おうとしても無駄だ、我は「始祖の巨人」と「不戦の契り」を交わした」

 

彼の思想のせいで、現在始祖の巨人の力がつかえずに危機的状況になっています。

「一時の楽園を作る」というのもわからなくはありませんが、なんとも勝手な話です。 

スポンサーリンク