漫画の世界

人気漫画からマイナーな漫画まで、様々な漫画のネタバレや考察を掲載していきます。来れ!漫画好き!!

東京喰種:re滝澤も赫者として覚醒!赫者&半赫者一覧をまとめみた!

f:id:saitouchang:20170227013804j:plain 

東京喰種:re114話で、なんと滝澤が赫者へと変貌を遂げました・・。

 

と、ここで「今まで他に赫者になったキャラって誰がいたっけ?」って気になったのは僕だけ??

 

いや、みんなも気になったはず!!ということで、今まで登場した赫者&半赫者のキャラをまとめてみました〜! 

スポンサーリンク
 

東京喰種:re114話で滝澤が赫者に

東京喰種:re114話のラスト、亜門と対峙する滝澤が赫者へと姿を変えました。

f:id:saitouchang:20170227012940j:plain

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

まさかあの滝澤が赫者になるとはww

無印時代からは想像ができませんよねww

f:id:saitouchang:20170227013112j:plain

出典:バズマン。

スポンサーリンク

 

過去に登場した赫者&半赫者キャラ一覧

と、いうことで!!

今回、過去に登場した 赫者と半赫者のキャラを一覧形式でまとめてみました。

今まで登場した半赫者&赫者キャラを懐かしんでいきましょ〜!

 

ちなみに赫者はこのような喰種のこと。

赫者

「共食い」嗜好の喰種には、稀にだが通常の『赫子』とは異なる身にまとうような赫子扱う者がいる。「覚りし者」と掛け、『赫者』とよばれる。共食いを繰り返した喰種の中から稀に発生する変態種。一般的な喰種に発生する捕食器官としての赫子とは別に、体を鎧のように覆う特殊な赫子が生じる。捕食した喰種から人肉とは比べ物にならない大量の『Rc細胞』を取り込み、濃度が上がることで発生するといわれている。

赫者及び半赫者は赫者状態になると自動でマスクが生成されるのだが、隻眼の喰種に関してはおでこのあたりに一つ目の赫眼が発生するという特徴がある。

ピクシブ百科事典 - 同人・漫画・イラスト・二次創作に関する辞典より引用

 

半赫者一覧

 

ヤモリ(ジェイソン)

f:id:saitouchang:20170227013804j:plain

出典:ニコニコ静画

半赫者といったらヤモリさんでしょう〜!

初めて登場した半赫者キャラということで、半赫者=ヤモリという印象が強いのかもしれませんね。

そして、キャラ的にも濃いし、良いキャラしてしましたよね〜!

 

金木研

主人公カネキも「ムカデ」と呼ばれる半赫者でした。

f:id:saitouchang:20170227013951j:plain

出典:知恵袋 - Yahoo! JAPAN

 

ただ、reになるとムカデとはまた違ったタイプっぽい。

f:id:saitouchang:20170227014135j:plain

出典:漫画・コミック

 

隻眼の王にもなったということで、さすがに半赫者ではなく、赫者になっていると思います。

次のカネキのガチバトルを見るのが楽しみですね。

 

安久黒奈

f:id:saitouchang:20170227014524j:plain

嘉納によってリゼの赫包を移植された元喰種捜査官。

東京喰種:reになって、半赫者となっていたことが判明しました。

赫子を分離させ、ブレード状のクインケのように扱うことが可能。

 

赫者一覧

 

芳村(功善)

f:id:saitouchang:20170227015124j:plain

f:id:saitouchang:20170227015124j:plain

出典:funnel(ファンネル)

他のキャラは、赫者化すると自我を失ってしまうが、芳村は自我を保っている。

元は羽赫だが、ショットガン・ブレード・ランス状と、羽赫のスペックを超えた赫子使いを見せる。

遠距離戦・近距離戦ともに圧倒的な強さを誇る。

 

芳村愛支(エト)

f:id:saitouchang:20170227015505j:plain

出典:東京喰種考察データベース

「隻眼の梟」。

人と喰種の間に生まれた天然の半喰種。

体を覆った赫子で巨大な化け物のような変貌を遂げた赫者。

一応ベースは羽赫ですが、もはやそんなもの関係ない気がするw

 

霧嶋新

f:id:saitouchang:20170227015843j:plain

出典:漫画ネタバレ・考察王

トーカとアヤトの父親で甲赫の赫者。

別名「骸拾いのアラタ」。

クインケ「アラタ」のベースとされ、「まだ生きているのでは?」と噂されるアラタ。

今後の登場に期待です。

 

タタラ

f:id:saitouchang:20170227015932j:plain

出典:漫画ネタバレ・考察王

アオギリの樹の参謀で、甲赫の赫者。

その風貌に当時衝撃が走りましたが、大した活躍もなく死亡w

広範囲に火炎放射を吐くことができるという他の喰種にはない能力をもっていました。

 

亜門鋼太郎

f:id:saitouchang:20170227020146j:plain

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

芳村の赫包を移植された亜門。

当初は失敗作として登場しましたが、114話では完全に赫者となっていましたね。

半赫者であった滝澤&クロナコンビを圧倒するという赫者らしい化け物染みたスペックを誇っていました。

 

滝澤政道(オウル)

f:id:saitouchang:20170227012940j:plain

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

そして、114話にて、今まで半赫者だった滝澤が赫者として覚醒しました。

赫者となった滝澤がどれほどの実力をもっているのか楽しみなところです。

 

今後、さらに赫者が登場する!?

今後、赫者として登場しそうなキャラといえば、

  • カネキ
  • 旧多
  • リゼ
  • ドナート

などでしょうか?

 

カネキはおそらく赫者になるとして、エトを倒した旧多も赫者になる可能性は十分に考えれます。

そして、リゼの赫包を移植したカネキとクロナが半赫者化していることを考えると、ベースであるリゼも赫者の可能性は高いでしょう。

ピエロのボスで、赫子で分身を作るという離れ業を披露したドナートも赫者なのではないでしょうか?

 

今後、新たな赫者が現れる可能性に期待です。

 

有馬の過去が読める東京喰種JACKって知ってる!?

f:id:saitouchang:20170304193233p:plain

東京喰種のサイドストーリーで、有馬が主人公の「東京喰種JACK」という作品を知っていますか?

喰種捜査官になりたての有馬の活躍を楽しめる作品なので、東京喰種ファンは必見です!!

>> 有馬の気になる過去はこちら

スポンサーリンク