漫画の世界

人気漫画からマイナーな漫画まで、様々な漫画のネタバレや考察を掲載していきます。来れ!漫画好き!!

東京喰種:re110話にてウタの赫子がついに判明!?

東京喰種の中でもいまだその強さが未知数だったキャラであるウタ。今まで戦闘描写がほとんどなく、赫子を使うことすらほぼありませんでしたが、110話の什造との戦闘で、初めて赫子を使っている描写がしっかりと描かれました。ウタの強さはいったいどれほどのものなのでしょうか?今回は、彼の強さに迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク
 

 その強さが未知数だったウタ

無印東京喰種から登場し、あんていくにも顔を出し、主要キャラに近い位置付けだったウタ。

 

「四方と同等の強さだった」という設定だったので、ウタ=強キャラという雰囲気がありましたが、無印東京喰種の最終話にて、ウタの正体がピエロだったことが判明し、ウタの強さの未知数さにさらに拍車がかかることに。

f:id:saitouchang:20170216014022p:plain

出典:東京喰種考察データベース

 

ウタのこの底が見えない感じがいいんですよね〜!

 

ウタの強さってどのくらい強いの?

ウタの強さがわかるシーンは過去に何度か描かれています。

 

かつて四方と互角の戦いを繰り広げていた

かつて4区の喰種を束ねるリーダーであり、そこにやって来た四方と何度も戦い、互角の戦いを繰り広げていたと言われていました。

f:id:saitouchang:20170216020826j:plain

出典:festy(フェスティー)

 

4区のリーダーだった頃のウタは、今とはまた雰囲気が違いますね。

 

ピエロの主要キャラ

ウタは、無印東京喰種の最終話でピエロのメンバーであることが明らかになりました。

 

ピエロのメンバーは、

  • ウタ
  • ニコ
  • ロマ
  • イトリ
  • 宗太=旧多
  • ドナート

と、曲者キャラ揃い。

 

超回復能力をもった赫子を使うニコ。

 

8本の赫子を操るロマ。

 

エト以上の強さを誇る宗太=旧多。

 

これだけ強キャラ揃いのピエロの主要メンバーである時点で、相当な実力者であることがうかがえます。

 

上等捜査官の平子相手に遊ぶ

上等捜査官とは言え、有馬がもっとも信頼していた男であり、カヤにも「なんの特徴もないクセに何故か強いタイプ」と言わせた平子相手に本気で戦おうとせず、余裕を見せまくり。

 

有馬の仮面を使って平子をおちょくるという舐めぷを披露してくれました。

f:id:saitouchang:20170216021405j:plain

出典:東京喰種考察.com

スポンサーリンク

 

110話にてウタの赫子が判明

ただ、ウタの戦闘シーンは描かれてこず、実際どれほどの実力なのかは未知数でした。

 

しかし、110話の什造とのバトルにて、ついにウタの赫子が描かれることに。

 

それがこれです。

f:id:saitouchang:20170216022444j:plain

出典:http://jump-netabare.seesaa.net/

 

なかなかにおぞましい見た目の赫子。

 

腰のあたりから顕現してるっぽいし、形状的にも鱗赫っぽいと思いますが、どうなんでしょう?

 

ウタの赫子は人を操る能力?

ピエロは、「びっくり人間(喰種)ばかり」と言っていたので、ウタもただの赫子ではなく、何かしらの能力が備わっている可能性はありますね。

 

そこで考えられるのが、「人を操る洗脳系の能力」。

 

今回のピエロは、喰種の中に人間を混ぜて攻めてきました。

f:id:saitouchang:20170216023321j:plain

出典:ジャンプネタバレ - Seesaa ブログ

 

ただ脅されて従っているだけの可能性もありますが、もしかしたらウタの赫子の能力で、人間を洗脳してコントロールしているという可能性も考えられます。

 

いずれにしても、ここまで引っ張ってきたウタの赫子、何もないとはちょっと考えづらいと個人的には思います。

 

いや、むしろ、「何かしらあってほしい!!」という願望に近いかw

 

什造VSウタの決着がどうなるかはわかりませんが、これからの展開に期待したいところであります。

 

有馬の過去が読める東京喰種JACKって知ってる!?

f:id:saitouchang:20170304193233p:plain

東京喰種のサイドストーリーで、有馬が主人公の「東京喰種JACK」という作品を知っていますか?

喰種捜査官になりたての有馬の活躍を楽しめる作品なので、東京喰種ファンは必見です!!

>> 有馬の気になる過去はこちら

スポンサーリンク